<< その後と現在 徐々に食べています(^^) >>

ドタバタした数日・・・

久々の日記です^^;
5日間のお盆休みもあっと言う間にすぎました。休み明けが二日間だったのでラッキーでしたが。

ざっと休みを振り返ってみると・・・

12日
午前中は家の掃除、洗濯をして家から一歩も出ることなくすごしました。
みっさんは床屋へ行ったり買い物に行ってくれたり・・・

13日
朝からぶぶさんとまーさんと四人で「台湾ラーメンの旅 第3弾」に行ってきました♪
帰省ラッシュの影響を受けて渋滞にはまってしまい、ぶぶさんちからラーメン屋さんまで二時間ちょっとかかってしまいましたが、そんな辛さも忘れるくらい相変わらず美味しいラーメンとおかずでした(^^)v
ラーメンを食べた後はそのまま四人で我が家へもどり、がきの使いの罰ゲームシリーズの廃旅館編のDVDを見て爆笑!
その後、ぶぶさんちへ移動してまーさん特製のお好み焼きをご馳走になりました!
これまた毎回美味しくて(*^_^*)
みっさんが何度となく「まーさん、店出せますよ!」と言ってましたが当のまーさんから、まーさんらしいコメントが!「うーん、だって毎日ずっと焼き続けるのは飽きるからできない・・・」
それもそうだなぁとものすごく納得しました(^^)

食後はぶぶさんが入れてくれたコーヒーを飲みながらwowowタイム。その日は「着信アリ」の1と2が続けて放送される日で、1だけみて帰りました。途中、何度も「もーいやー!!」とか「ぎぇ~!!」と大声を出したため、ちょん吉くんはさぞやうるさかっただろうなと^^;

14日
みっさんの実家、自分の実家、それと初盆を迎える従姉の家にお参りに行きました。
毎年ですが、両実家のお供えって悩むんです…
だいたいちょっとしたお菓子を供えるのですが、両実家ともそんなに甘い物食べないし・・・
ってことで、今年はジュレ、いや、私はゼリーと呼びます!にしました。
これならそんなに甘くないし、日持ちもするしってことで。

15日
この日はみっさんの連休最終日。
みっさんは朝早くから実母を市外にある納骨堂へ連れて行きました。
私はその間、みみ子とのんびり留守番♪じゃらしで遊んだりウトウトしたり。
そうしているとみっさんから電話が。「今○○に寄っているから終わり次第帰るね」と。
それから30分後に再度みっさんから電話がありました。
「もしもし~?」とけだるく電話を受けると・・・
かなり興奮したみっさんの声が!






「もしもし!!まちゃこ!緊急事態!」
私は事故でも起こしたのかと「えっ!なに、なんがあったと?」
するとみっさんは「あのね、サニー(近所のスーパー)の前で子猫が轢かれそうになっとった!!だけん、捕まえたけん!」

私は「え!?捕まえたって・・・どうするとよ、そのこ!!」
みっさん「とりあえず連れてくる、良かろ?だって道路の真ん中を行ったりきたりしよったけんまた轢かれそうになるかもしれんけん!放っとけんもん!!」

確かにそうだ・・・さすがに「置いてきー!」とも言えなかったです。
でもみみ子はワクチンなしの子、そして我が家はペット禁止のマンション・・・私は多頭飼育なんで出来るのか・・・みみ子が辛い思いするんじゃないか・・・とやっぱり現実がグルグルと頭を回ります・・・

まもなくみっさんがマンションの駐車場に到着。私は早速車に乗り込み、助手席にある紙袋を覗くと・・・予想以上に小さい子猫がいました。怖がっているのか、紙袋の中にあるお菓子と缶ジュースに挟まってじっとしてます。
何ヶ月だろう?みみ子の保護当時より小さい気もします。1ヶ月ちょいかな・・・。

この先どうするにせよ(わが子になるか、里親探すか)我が家に連れてくるのは間違いないのでまず病院へ行くことにしました。
今回はみみ子がお世話になっている病院が休みだろうし、遠いということもあるので半年前くらいに開院したちょっと近めの病院に連れて行きました。
病院へ到着するまで紙袋を膝にのせ「あんた、ママとはぐれたと?車危なかったね」と話かけながら指を鼻の先に近づけると・・・「シャーッ!!」と一著前に威嚇(笑)
今にも猫パンチが繰り出される勢いでした^^;

そして病院へ到着。昼休み中だったけど、快く診察を了承してくれました。
早速先生に、野良を保護した、でも我が家はワクチンを接種していない先住猫がいるので健康診断をしてほしいとお願いしました。それと蚤の駆除も。

この病院、多分若い夫婦でやってあって、担当してくれたのは女の先生。
とても優しくてこちらの話もきいてくれてちゃんと説明してくれました。

「うちの子がワクチンしていないから、もしこのチビちゃんが病気があったら怖いので検査してもらえませんか?月齢的にまだ無理でしょうか?」と聞いてみました。

先生は「月齢的なこともありますし、もしウィルスに感染していても潜伏期間というものがあります。だから今、血液を調べても本当に正確な結果は得られません・・・。それよりもまず、先住猫ちゃんの接種が大優先だと思います。」と。

確かにそうだな、でももし強い拒絶反応が出たら・・・と内心色々考えていたらそれを察したのか先生が「人間もそうですが、ワクチンは必ず副反応があります。接種当日に熱が出たり食欲不振になったりくらいは普通の症状ですが、本当にまれにショックを起こして死んでしまう子もいます…これは現実です。だから毎回接種の前にこの事実は説明するんですよ。」と。

ああ・・・どうしよう・・・と二人で悩みます。もしなにかあったらみみ子に申し訳ないよ・・・と二人でどんより・・・

結局先生の助言もあり、みみ子の接種はもう少し考えてからということになりました。
実は途中で、「じゃ今から接種してください!」と言ったのですが、接種するなら朝一でやりたいと先生が。
訳は、朝一体調チェックして接種後、2~3時間病院で過ごしてもらえば副反応のチェックが出来るからとのことでした。そうすれば、もし、ひどい副反応が出ても早急に手当てができて助けられるから・・・と。
昼の遅い時間に接種して夜なにかあったら対応できないから、接種するなら朝早いほうがいいとのことでした。

そんなで、フロントラインの滴下と、耳の掃除と便の検査をしてもらいました。
耳はすっごい汚れていたから「きっと耳ダニかな・・・」と思っていたんですが単なるドロ汚れでした(笑)きっとどこでも潜っていたんでしょうね。
便の検査は、ちょっと緩めでしたが虫はいなかったとのこと。でも今は猫も緊張しているからアドレナリンを出し、病気が現れないということもあるのでまた1週間後に検査したほうが良いとのことでした。

その検査の間、最初はみんなに「シャーッ!!」を言いまくって、先生も「え~(汗)、そんなに怒らないでよ~^^;」と苦笑・・・
だって、たった500gのこんなにチビなのに洗濯ネットが用意されるほど強気だったんです^^;
でも、時間が経つにつれ、虚勢をはる余裕もなくなったのか、あとはずっと小刻みに震えて怯えていました。そりゃ怖いよね、突然知らないところに連れてこられて・・・兄弟もいただろうし・・・

その日は念のため、みみ子の分のフロントラインも処方してもらいました。
とは言え、このまま家に連れて帰ってもなんの準備も出来ていません・・・
しばらくは隔離しないといけないのに、その部屋がない・・・いや、空いている部屋はありますが、結婚して10年ちょい、ずっと物置にしていた部屋・・・散らかっているのはもちろん、臭いのです・・・
それに隔離するケージやその子用のトイレも必要です。
とりあえず、病院からそのまま近くのホームセンターやペットショップを回った二人と1匹でした。
あ、もちろん、車にその子だけは残せないから、みっさんが車内に残りましたよ(^^)

まだこの先にこまごまと色々ありました^^;
その時に、ぶぶさんとまーさんがいっぱい助けてくれたのはいうまでもありません…
本当にありがとうございました・・・

ちょっと長くなったので続きの出来事はまた・・・良かったら待っていてくださいね!
「ちょっと、それはいいけど一体どんな猫ちゃんだったのよ~!」とやきもきされているかもしれないので・・・携帯画像ですが。
病院帰りの途中、キャリーバックの中にいる所です。まだシャーッと言ってます(笑)

b0075127_16503681.jpg

「はじめまちて。道路で遊んでいたら突然連れてかれまちた・・・まだ名前はないの。
硬いご飯はまだ食べれないけど元気いっぱいのレディーでしゅよ♪」
[PR]
by mimikocat | 2006-08-18 17:05
<< その後と現在 徐々に食べています(^^) >>