2006年 09月 20日 ( 1 )

しま子の異変

タイトルは不穏ですが、たいしたことではないです^^;紛らわしくてすいません(汗)

数日前、みっさんがしま子部屋で遊んでいるところへ、クリーニングから戻ってきた礼服を持って入っていきました。しま子部屋にクローゼットがあり、そこにしまわないといけないからです。
元気に遊ぶしま子を見ながら礼服をしまい、その間、同じくクリーニングから戻ってきた黒いネクタイをほんの少しの間だけそばのマッサージチェアの背もたれ部分におきました。
で、二言三言みっさんとしゃべって退室。

しばらくしてしま子部屋からみっさんの呼ぶ声・・・「ねえねえ、しま子がなんか変よ!」
なに!?具合でも悪いのか!と思い入ってみるとちょっとおとなしめなしま子さん・・・
「なんかあった??」とみっさんに話をきくと・・・

私が礼服をしまって出て行ったあとから、いつものように勢いよくマッサージチェアに登ったあと、何かに怯えてみっさんの側にきてばかり。そして毎回もぐりこむマッサージチェアの下部分に入った瞬間、まるで病院の診察台にいる時みたいに「ガクガク」と足を震わせていたらしいです^^;

その話を聞き「え~(汗)なんかしま子にしか見えないモノがおると?(滝汗)」と、つい礼服つながりでそんなことを思った二人・・・

でも、そんな恐ろしいことではなさそうでした(^^ゞ (多分・・・)
私が一瞬置いたネクタイからクリーニングの匂いが背もたれ部分に付着し、しま子は今まで嗅いだことのない匂いだったため、敵と思いびびったのでは?それでチェア全体が怖くなったのでは?
と、こう結論付けしました(^^ゞ

クリーニングの匂いとはいえ、そんなにもろに鼻につくほど強い香りではないのですが、やっぱり動物の鋭い嗅覚にはびんびんと伝わってくるのでしょうね。

今まで「しま子は怖いものなしやね~」と思っていたけど、やっぱりびびることもあるんだとなんだか意外な出来事でした^^;

More
[PR]
by mimikocat | 2006-09-20 15:54